最新情報・レポート

凶暴で攻撃的なイタチ

猫によく似た顔と胴長短足なスタイルが特徴のイタチ。イタチ科の動物はバラエティ豊富で、ペットとして人気が高いフェレットもイタチ科の動物です。しかし野生化したイタチによる被害は後を絶ちません。イタチは雑食の動物で、ニワトリ、カモ、ウサギといった動物の他に、果物を食べます。運動神経に優れており、垂直の壁を駆け登ります。野生のイタチは農家の屋根裏や床下といった目立たない場所に密かに住み着き、餌として家畜を狙ったり農作物を荒らしたりします。イタチは非常に攻撃的な性質であることに加えて動きが素早いため捕獲が困難です。動物園でも、夜間に野生のイタチが侵入し、飼育されている動物が襲われるといった被害が時々話題に上ります。動物を扱うプロにとっても、イタチは手ごわい相手なのです。イタチの繁殖期は年1~2回であり、これは地域によって異なります。イタチは1回の出産で平均3~5匹の子供を産みます。肉食であるイタチの糞はとても臭いことに加えて、イタチ自身も臭腺を持っているため、イタチに住み着かれた家屋では悪臭に悩まされることになります。また、ほとんど全ての野生動物にはダニ・ノミといった害虫が寄生していますので、イタチが家屋内にのさばってしまうと、住人は害虫被害に遭ってしまうことにもなります。フェレットのようにペット化されたイタチはともかく、野生のイタチと共存するのは難しいことです。イタチは鳥獣保護法によって保護されている動物ですので、原則として一般の方が捕獲することはできません。個人で害獣駆除を行うのは難しいため、ぜひ当サイトを参考にしてください。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼