最新情報・レポート

冬眠しない害獣による被害に注意しましょう

皆さんは、動物は冬になると冬眠するというイメージを持っていませんか?冬眠する動物も数多く存在していますが、屋根裏害獣と呼ばれる、アライグマ、ハクビシン、イタチなどは冬眠しないと言われています。とはいえ、寒い時季節には暖かい場所を探して住処とするといわれており、特にハクビシンは屋根裏や天井裏に入り込むと断熱材などを食い荒らして、住処としてしまうことが問題になっています。そればかりか、糞尿がたまり屋根や天井を腐敗させてしまうことも問題です。時には天井が落ちてしまうほど深刻な被害を与えることもありますので、これからのシーズンは特に注意する必要があるでしょう。
屋根裏害獣の被害から住まいを守るためには、害獣を家から追い出して侵入できないように出入り口を塞ぐ必要があります。しかし、高所作業や侵入場所の発見などは、危険を伴いますし素人ではうまくいかない事も多いでしょう。
そんな時には、害獣駆除のプロの力を借りるのが効果的です。害獣の追い出し、侵入防止施工を依頼することで自分で対策するよりも高い効果を得ることができるでしょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼