最新情報・レポート

冬も害獣被害に注意を

虫や動物の中には冬眠するものもいますが、そうでないものもいます。害獣としても有名なハクビシンやアライグマ、イタチなどは冬眠をしない動物です。そのため、一年中被害に遭う恐れがありますので注意が必要です。
冬になれば、気温が低くなるのはもちろんのこと、動物の餌になるようなものも減少します。いくら冬眠しないとはいえ、その環境は決して快適なものではありません。しかし、人間の住宅は別です。基本的には暖房も完備していますので、雨風を防ぐだけでなく暖を取ることまでできます。更には食べ物も豊富に置いてあり、餌にも困りません。屋根裏や床下に住み着いてしまえば、簡単には人間や他の動物に手を出されることもなくなります。皮肉にも、人間にとって快適な家は、害獣たちにとっても快適になっているのです。

しかし、そのままではいけません。住み着いてしまった害獣は速やかに追い出さなければ、様々な害を被ることになってしまうのです。害獣駆除のプロには、害獣を追い出すためのノウハウと装備があります。当サイトの相談窓口は24時間365日受付対応していますので、いつでもお気軽にご相談ください。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼