最新情報・レポート

偏に害獣と言っても

害獣である、アライグマ、イタチ、ハクビシンは沖縄を除き全国に広く生息しています。彼らは雑食で果実や小動物を食べるので、田畑で人が育てた野菜や果物などもよく被害に遭います。では害獣なのですぐ捕まえて駆除しよう、そう思いたいところですが、実は簡単でもないのです。それは賢くすばしっこい彼らを捕獲するという技術的なことは勿論ですが、前述の『ハクビシン』は「鳥獣保護法」に定められた害獣で、捕獲するには捕獲の許可申請が必要なのと、その捕獲には「狩猟免許」を持っている人しか許可されないのです。つまり個人で勝手に捕獲駆除すると法に抵触することになります。他にも「狩猟法」「外来動物法」「動物愛護法」など、偏に害獣といっても、捕獲や駆除にはいくつもの法律が絡んでいるケースがあります。従って、害獣にお困りの際は、まず害獣駆除の専門業者に相談をして、然るべき許可や免許などをクリアしていく必要があります。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼