最新情報・レポート

何故屋根裏をねぐらにするのか?

アライグマ・ハクビシンが屋根裏をねぐらにしてしまい、糞尿による衛生環境の悪化や屋根裏を走り回る音や鳴き声による騒音問題等の被害に悩まされている方が多くいます。本来野山に住んでいるはずのアライグマ・ハクビシンなどが、屋根裏をねぐらにするようになってしまったのは何故なのでしょうか? 害獣と呼ばれる動物たちが屋根裏に住み着く一番大きな原因は、住む場所が減っているからだと言われています。都市開発がどんどん進み、動物たちが住んでいる野山は減少傾向にあります。その為、住む場所を求めて人里まで降りてきているのです。 野山に住んでいる場合、アライグマやハクビシンは洞窟や洞穴などの暗くて閉鎖された空間に住んでいます。屋根裏は普段ねぐらとして過ごしている空間とよく似ています。また、野山と違い外敵の心配もいりません。 このように屋根裏はハクビシンやアライグマにとって安全で快適な空間になっているのです。その為一度住み着いてしまうと中々出て行かず、害獣駆除を行なうには一苦労です。 素早く害獣を追い出すには、アライグマやハクビシンの生態や習性といった専門知識が必要になります。 害獣駆除を素早く行ないたいと思っている方は専門業者の力を借りることをおすすめします。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼