最新情報・レポート

人畜に被害を与える害獣は都会でも増えています

犬や猫などの身近な動物と違い、アライグマやハクビシンは都会では生活が出来ないというイメージがあるでしょう。しかし、最近では都心部でもアライグマやハクビシンが出没し、人畜に被害を与えています。人間の居住地が広がり、野生動物たちの生活出来る環境が失われつつあることが原因で、人の住む住宅街にも現れるようになりましたが、アライグマやハクビシンは「害獣」として扱われるため、住居内で気配を感じた際には速やかに対処しなければなりません。特に、家屋の屋根裏は害獣達のすみかに適しており、確認も難しいため発見が遅れてしまうことがあります。害獣が一度住み着いてしまえば、追い出しが困難な上、アライグマは外来生物保護法、ハクビシンは鳥獣保護法の対象となっているため、個人で駆除や捕獲を行うことは出来ません。また、害獣に近づくことで咬まれてしまうケースや感染病のリスクも考えられますので、住み着かれてしまう前に、侵入経路を塞ぐなど万全の対策を行っておくべきです。もし、害獣の対策や予防をお考えでしたら当サイト、「害獣駆除110番」にご相談ください。アライグマやハクビシンをはじめとする害獣の予防・対策に対応する業者が、あなたの力になってくれるはずです。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼