最新情報・レポート

マンションでも注意が必要です。

屋根裏害獣というと、住宅の屋根裏に住み着き、住宅への被害や住人への健康被害をもたらす害獣たちのことを指します。一軒家や木造住宅などに住み着くイメージが強いですが、最近では都会のマンションでも大量発生することがあります。屋根裏害獣は総じて繁殖力が強いという共通点があります。主に屋根裏害獣と呼ばれるのはネズミやイタチ、ハクビシンと言った動物になります。そもそもこれらの動物は都会に住んでいても何ら不思議ではないのです。例えば、ネズミは歓楽街の飲食店や下水道などに住み着くことは珍しいことではありませんし、イタチも都心部の公園に生息していた例があります。ハクビシンはもともとペットや毛皮用に輸入したものが野生化したというのが有力な説です。はじめは数匹でも、その強い繁殖力で、瞬く間に急増したと言われています。これらの害獣が屋根裏に住み着くことで、排泄物による悪臭や深夜の騒音、電気の配線を噛み切られたことにより、停電や漏電など、様々な被害を受けるのです。古い建物や飲食店の多い歓楽街が住みつかれる可能性が高いとは言え、必ずそれ以外の建物に住み着かないということはないのです。たとえ高層マンションだったとしても、小さな穴や隙間があれば、害獣達はそこから侵入することができるのです。マンションだからと油断せず、天井裏から異変を感じたら、害獣がいる可能性があります。その時は、被害が出る前に業者に相談して怪獣駆除をしてもらいましょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼