最新情報・レポート

ペットも危険な目に遭うかもしれません

害獣駆除で駆除される害獣たちは人や人のものに被害を出すだけではありません。皆さまが飼われているペットにも被害を出してしまうかもしれません。特に犬は害獣を威嚇して吠えることが多いです。そうなると害獣も反撃してくるかもしれません。どちらが勝つか負けるかという話ではなく、皆さまのペットが害獣によってケガをしてしまう可能性があるということです。ペットは戦うためにいる訳ではありませんので、最悪の場合は大ケガをしてしまう危険性もあります。こうした点について考えると、皆さまのペットを守るためにも害獣駆除は必要なのです。大柄な犬の場合は害獣であっても追い払ってしまうと思われるかもしれませんが、ペットとして人と過ごしているのであまり攻撃には向いていません。闘犬のように戦うために飼われている犬とは違いますので野生動物には負けてしまう可能性も高いのです。もし害獣を見かけたということでしたらすぐに害獣駆除を依頼しましょう。より小さなペットの場合は襲われて大ケガをすることもあり得ます。室内に侵入された場合だと、猫や小型犬が被害を受けるかもしれません。小柄なペットの場合は致命傷になるかもしれませんので要注意です。しっかりと害獣駆除をしておきましょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼