最新情報・レポート

ハクビシンの食性

ハクビシンは植物食中心の雑食で、果物が大好物です。特にバナナやみかんなどの糖度が高いものを好んで食べるようですが、舌が肥えているようで、熟れていないもの、糖度が低いものは一口食べた後に吐き出してしまいます。 そんなハクビシンですが、雑食なため、昆虫やネズミ、仲間のハクビシンの死骸なども食べます。特に冬になると、野生で果物を採ることが難しくなる影響からか、動物性のものを食べることが多くなるようです。 これからの時期は、ネズミなどを捕食する目的で室内に侵入してくる場合がありますので、注意が必要となります。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼