最新情報・レポート

ハクビシンの被害

もともと山や森に生息していたハクビシンですが、最近では住宅地でも目撃されることが増え、ハクビシンによる被害も増加しています。そもそもハクビシンという名前自体聞いたことが無い人も少なくないと思います。ハクビシンとは日本に生息する唯一のジャコウネコ科の動物で恐らく外来種であるといわれています。猫のような体つきをした雑食性の動物でアライグマに似ているともいわれています。夜行性であり基本的には夜に活動します。
ハクビシンによる被害は深刻で食害や生活被害、衛生面への被害まで起こりえます。ハクビシンは糖度の高い果実を好むため果物などの農作物に被害を及ぼします。小さな穴などから簡単に侵入してしまうためビニールハウスに穴が空いていたら早急に対処しましょう。そしてハクビシンが本領を発揮するのは住宅の天井裏に住み着いた場合です。ハクビシンは毎回同じ場所に排泄する習性があるため、天井に染みができてしまったり、ひどい時にはポタポタとたれてきたという例もあります。その他にも夜中にバタバタと動き回るため眠れないといった騒音被害、家で買っている亀や金魚が食べられてしまうペットへの被害、ダニやノミといった害虫の2次被害など様々な被害を受けてしまいます。しかしハクビシンは特定外来種に指定されていないため、個人で勝手に駆除する事ができません。もし見かけることがあれば害獣駆除の業者に依頼して駆除してもらいましょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼