最新情報・レポート

ハクビシンによる被害

ハクビシンは果樹園などに入り込んでミカンやモモなどの作物を食い荒らして しまう他、住宅の屋根裏に住み着いてフン尿を撒き散らしたり、騒音などによって 安眠妨害をされるなど、様々な被害をもたらす害獣です。 頭部が入れる場所ならどこからでも侵入できるという特性があり、具体的には 約4cmほどの隙間ですら問題なく通り抜けることができます。 また、ハクビシンの体にはノミやダニが寄生しているため、一度でも侵入を許して しまうとそれらの害虫による被害にも悩まされることになってしまいます。 ご家庭でできる対策には限界がありますので、ハクビシンによる被害にお困りの際には 専門的な知識と技術を有する業者へご相談されることをお勧め致します。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼