最新情報・レポート

ヌートリアを知っていますか?

ヌートリアという動物を知っていますか?あまり聞かない名前ですが、多くの国で害獣指定されているげっ歯類の動物です。見た目はカピバラにそっくりですが、体長は50cm程度です。一番の特徴はオレンジ色の大きな前歯です。本来は日本には生息していなかった外来種ですが、現在では近畿や中国、四国地方に集中し、東海、関東、九州にも点在しています。ヌートリアによる被害は農作物が主であり、平成17年以降は、全国での被害金額が、毎年1億円を超えるほどです。普段は川や池の近くの水辺で生活し、水際に巣穴を掘ります。そのため水辺に近い農地で被害が多いようです。特に水稲の被害が多く、それに次いで人参や大根、白菜といった野菜、スイカやメロンといった果実にも被害がみられます。このように農作物に多大な被害を及ぼすヌートリアは繁殖力も強く1年に3~4回出産し、その都度5~6匹の子供を産みます。生後半年ほどで繁殖が可能となるため、放置しておくと急速に繁殖してしまいます。農作物や人間からの餌やりなど、豊富にエサを確保できることもヌートリアの繁殖力を強くする要因になります。ヌートリアの被害はそれだけではなく農作物ほどの甚大な被害ではないものの、その凶暴性から人間に噛み付くこともあります。ヌートリアの前歯は大きく非常に鋭いため人間の指程度なら噛みちぎることもでき、実際にエサをやろうとして咬み付かれてしまった人もいます。このようにヌートリアは、農作物に甚大な被害をもたらし、放置するとすぐに増えてしまいその分被害も大きくなってしまいます。もし近くで見つけた場合は、害獣駆除業者に依頼して駆除してもらいましょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼