最新情報・レポート

ヌートリアにも要注意

皆様は、ヌートリアという動物をご存知でしょうか。アライグマやハクビシンと言った害獣と比べるとあまり知られていないかもしれませんが、このヌートリアも害獣として多くの被害をもたらしています。
そもそもヌートリアは、アライグマのように、元々日本にはいない動物でした。本来は南アメリカ原産の動物で、初めて日本にやってきたのは1905年だと言われています。動物園での観賞用や、軍服の毛皮などに飼育されてきましたが、需要の低下とともに野に放され、それが野生化していきました。そして天敵もいないことから増殖していったのです。

ヌートリアはドブネズミのような外見で、水かきを持っており5分程度なら潜水することも可能だと言われています。 その被害としては、農作物の被害が顕著です。主に水辺の農作物を食害し、それ以外の野菜も食べてしまいます。また、複雑な巣穴を掘ることから畦を破壊してしまったり、その土地の生態系を破壊したりといった甚大な被害をもたらすこともあります。

残念ながら日本では、ヌートリアへの対策はまだ不十分です。そのため、被害を受けてもどうすればいいのかわからないという方も多いでしょう。そのような時は、害獣駆除のプロにご相談ください。駆除業者の中にはヌートリアの生態や対策についても熟知している業者もありますので、ヌートリア対策に力を貸してくれるでしょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼