最新情報・レポート

被害を与えるのはシカやイノシシだけではない

野生の鳥獣が農作物に与える被害は膨大で、平成21年度以降は被害額が年間200億円以上の状態が続いています(2016年現在)。特にシカとイノシシによる被害が目立ちます。シカやイノシシによって被害を受ける農作物は多岐にわたっていますが、生産量が多い稲への被害が最も多い状況です。野生動物の個体数を適正な水準に保つという目的のもと、2014年に鳥獣保護法が改正されました。これにより、増えすぎたシカの捕獲量は従来の倍近くになったとのことです。
上記のデータは農林水産省より発表されているデータです。しかし、このデータに載っていない害獣も多くあります。当サイトではアライグマ・ハクビシン・イタチに関するお問い合わせを中心にいただいていますが、これらの動物も一般住宅には身近な害獣です。たとえ農家でなくても、害獣の鳴き声や足音といった騒音に悩まされたり、糞を撒き散らされて環境の悪化を招いてしまうこともあります。
これらの害獣はシカやイノシシと比べれば小さな動物ですが、それでも人間に大きな被害を与えるという点では負けていません。害獣被害にお悩みの際はお気軽にご相談ください。当社加盟店スタッフが現場に赴き、害獣被害を解消いたします。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼