最新情報・レポート

コウモリは益獣か、害獣か

動物たちには様々な習性があります。私たち人間はそれらを意図する、しないにかかわらず、そこから様々な恩恵や被害を受けています。まず、私たちに利益をもたらしてくれる動物は「益獣」と呼ばれます。最も身近な例では犬や猫があげられます。現在では愛玩動物でありますが、元々は狩猟のパートナーであったり、ネズミなど病気を媒介する動物を捕まえてくれたりと、人間の力になってきました。逆に、人間に害をもたらす動物は「害獣」と呼ばれています。先ほど挙げたネズミがその一例で、感染症などの病気の媒介・ケーブルを齧るなど、人や住居に被害を及ぼします。
しかし中には、益獣とも害獣ともとれる動物もいます。そのうちの一匹が、コウモリです。その外見やイメージから忌み嫌う人も多いですが、それが先行して誤った認識をしていることもあります。例えばコウモリは吸血鬼のように人や動物の血を吸うイメージがあると思いますが、実際に血を吸うコウモリ(チスイコウモリ)はごく一部で、主な食物は虫や植物なのです。そのため、蚊や羽虫などの虫を食べてくれる益虫としての一面があります。その反面、害獣としての要素もあります。代表的なものは、糞尿による被害です。天井裏などに住み着きやすいコウモリは、ここと決めた場所で排泄を繰り返します。そうなると悪臭、糞に含まれる病原菌の侵入などの被害が出始めます。
それでは、どのように対策すればいいのか。コウモリは野生鳥獣保護法によって保護されているため、殺処分という形をとることはできません。そのため、屋内への侵入経路を塞ぐという方法が一般的です。その他には、コウモリの嫌いな臭いを噴射するスプレーなどがあります。益獣と害獣の両面を持つコウモリだけに、素人には手を出しづらい動物です。コウモリ被害でお悩みでしたら、当サイトから業者の方へ依頼してみてはいかがでしょうか。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼