最新情報・レポート

イタチの生態と被害

イタチは11月中旬頃の周囲の気温が下がり始めた頃、家屋の天井裏などで食物となるコウモリ・ネズミなどを探しに侵入してきます。この頃は毎日同じところに侵入するのではなく、彼らのテリトリー内の餌場を数十ヶ所、転々と立ち回ります。その中で断熱材など住みやすい環境が見つかると営巣場所にし、そこを基点に活動をします。
イタチの繁殖については3~4月頃交尾を行い、1ヶ月ほどの妊娠期間を経て出産し、7月初めまで子育てを出産場所で行いますが、環境の変化や危険を察知すると子供を安全な場所に移動させることもあります。8月頃までに成獣となった子供たちはそれぞれ独立生活を始めます。
夏の間は天井裏など家屋内が非常に暑く過酷な環境となるため一時的に人家への被害は減少しますが、晩秋から冬にかけてまた人家への被害が増加してきます。
次にイタチの被害ですが、イタチは夜も活動するので夜中に天井裏や壁の隙間を移動し、その物音が安眠の妨げとなり精神的にも大きな負担となります。建物でいうと断熱材が荒らされて効果が無くなったり、糞尿などによる腐敗などが起こります。また、イタチはダニ・ノミなどが寄生しており、それが家屋内に繁殖し、人への吸血被害に発展します。
イタチの駆除に関しては国の定めるところの「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣法)」によって管理されているため、一般の方や駆除業者であっても薬剤使用での駆除や許可無く捕獲・処理することはできません。イタチがいるかもと思ったら、すぐに業者に依頼することが大切です。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼