最新情報・レポート

アライグマ対策

アライグマは可愛らしい見た目からペットとして輸入された動物ですが、野生化したことによって繁殖し、様々は被害を及ぼしています。

■生態系に関する被害
アオサギの営巣地の消滅、シマフクロウの巣への接近、ザリガニ・カエル等の捕食、タヌキやキツネの減少

■農作物に関する被害
トウモロコシ、メロン、スイカ、イチゴ、ニジマス、緑化木等の食害

■健康に関する被害
レプトスピラ症、アライグマ回虫症、狂犬病等

こういった被害を防止するため、野外からアライグマを排除する対策をとっている地域もあります。早期の発見と対策が重要ですので、アライグマを見かけた際にはお早めに害獣駆除業者にご相談頂くことをお勧めします。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼