最新情報・レポート

アライグマを捕まえてペットに出来る?

アライグマというと、両手で持ったエサなどを水で洗う仕草が可愛らしく、ネットなどの動画でも、野生化したアライグマを餌付けしているものなどを見かけることもあり、捕まえてペットにしたいとお考えの方もいるかもしれません。
しかし、その動画は海外のものだったり、動物園などの施設内だったりしませんか?日本では通常、特定外来生物として指定されたアライグマは、新たにペットにすることは出来ないと定められていて、研究所などでの飼育以外はほとんど認められていません。
お家のお庭にアライグマが来ているとしても、それをペットにすることは法律で禁じられています。
また、可愛らしいアライグマですが、その実態は鋭い牙と爪を備えた獰猛な生物です。
日本では1970年台にアライグマブームがあり、その時に輸入されたアライグマが多数いるそうですが、大人になるにつれて凶暴化したアライグマに手を焼いて、最終的に野山に捨てた飼い主も多いそうです。
それが近年のアライグマの民家や市街地の出現を招いているそうです。それだけ飼育の難しいアライグマですから、見かけたとしても、近づいたり、ましてや捕まえようなどとは思わず、害獣駆除のプロに依頼して、家への接近防止や、侵入防止対策を施してもらうことをおすすめします。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼