最新情報・レポート

アライグマは、愛くるしい見た目と反対に、非常に気性が荒いです。

アライグマやイタチなど、害獣としてあまり良いイメージを持っていないという人がいる一方で、ペットなどの愛玩動物として可愛がろうとこれらの動物を飼う人も数多くいます。しかし、ペットとして飼おうとした人々の多くがかなりの確率で飼うことを断念して、近所の公園に捨ててしまったり、保健所に殺処分を求めたりする事例が後を絶ちません。 なぜこのような自体になってしまうのでしょうか、今回はアライグマに焦点を絞って考察してみしょう。 実はアライグマは動物園でも飼育に手を焼くほど世話が大変な動物なのです。まず、その理由として「攻撃性」と「繁殖力」、「高い運動神経」などの問題点があげられています。 アライグマというと、アニメなどの影響と愛くるしい顔立ちから可愛らしい動物だと誤解されている方が多くいらっしゃいますが、本来は攻撃的で気性の荒い動物です。実はアライグマはヒグマやライオンなどと同じ食肉目に分類されており、もし噛まれたらただの擦り傷程度では済まない危険性も持っているのです。 そして、繁殖能力も非常に高く、一度に3頭から6頭の子どもを出産すると言われています。また、運動神経も非常に高いため、動物園などの柵を高く設けても乗り越えてしまったり、隙間から逃げ出してしまうこともあるようです。個人のペットとして飼っている場合は柵を食い破ってしまったというケースも報告されています。 このように、動物の専門家が集まった動物園でも世話に手を焼くアライグマですが、生殖能力が高いため、わりと場所を選ばずに、どこでも生きていくことができます。もし、お家の屋根裏でアライグマなどの害獣を見つけた、ということがありましたら、ぜひ害獣駆除110番までご連絡ください。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼