最新情報・レポート

アライグマの洗い物

「アライグマ」という名前にあるように、エサとなるものならばなんでも洗ってしまうのはよく知られていることなのですが、実は野生のアライグマにはそういった習性はありません。動物園のアライグマも、空腹を感じていない状態であればエサを洗うのですが、お腹が空いていれば洗わないようです。自然の中で生き抜くためには、悠長にエサを洗ってはいられないので、エサを洗うことは安全な状況に置かれていること知っていて洗っているように見えるのは遊びの一種だと考えられています。 このような習性からも窺えるように、アライグマは手先が器用なのです。その指はくっきりと五本に分かれており、人間の指に近い形状をしています。そのため、器用に木を上る事もできますし、自らの手で侵入口を作ってしまうこともあります。アライグマ被害を防ぐためには侵入口を塞ぐというのも有効ですが、ちょっとした対策では破られてしまうかもしれません。被害に遭わないためには、害獣駆除のプロからアドバイスをもらうのがおすすめです。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼