最新情報・レポート

アライグマの捕獲

つい先日、東京の秋葉原にアライグマが現れて、捕獲まで2時間近くも要した大捕り物になったことがニュースで取り上げられました。飼育されていたものか、或いは野生のものかはわかっていないようですが、このように都会でもアライグマをはじめとする「害獣」が現れることは、近年決して珍しいことではなくなってきています。今回の騒動では、無事捕獲は出来たものの、捕獲時に3人が指を噛まれて怪我をする事態になりました。アライグマに対して「大人しい」「可愛い」などのイメージを持っている人は多いと思いますが、実際はどうなのでしょう。今回はアライグマがどんな動物か簡単にご紹介します。

◆アライグマの生態
元々日本には生息していない動物でしたが、ペット用に輸入されたものが逃げ出したり、飼育放棄で故意に放たれたりしたものが次第に繁殖し、今では日本全土に分布しています。雑食性で、人間の残飯は勿論、魚類、爬虫類、鳥類、果物、穀物、小型哺乳類など何でも食べます。体長は60cm~1m程度。タヌキやハクビシンなど他の害獣と見間違えられることもありますが、尻尾に数本縞模様があるのがアライグマです。子供のアライグマは人に懐くこともありますが、成獣になると凶暴性が増してきますので、無闇に近づくのは危険ですのでやめましょう。

今回は自治体や警察による捕獲でしたが、実はアライグマは鳥獣保護法によって許可なく捕獲・駆除することは禁止されています。もしアライグマを駆除したいということでしたら、本サイト「害獣駆除110番」から専門業者にご依頼ください。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼