最新情報・レポート

その害獣、実は保護獣かも知れません

ネズミやアライグマからハクビシンまで、害獣と呼ばれるものは、全て駆除してもいいというイメージがありますが、実際には、勝手に駆除してはならない保護獣も含まれていることが多くあります。保護獣というものは、勝手に民間で駆除してはならないと法で決められているものです。また、保護獣以外にも、鳥獣保護法や狩猟法、動物愛護法、外来動物法などほかにも沢山の法律や条例があるため、「害があるから」といって勝手に駆除することができないのが現状です。
このような場合、勝手に駆除することが禁止されているので、業者に駆除を依頼する必要があります。害獣駆除と一口に言っても「自分で勝手に駆除して終わり」というものではないのです。
そうなると、やはり「しっかりと駆除してくれる、信頼できる業者に依頼したい」と思いますよね。そこで見積もりを出し、検討したいところですが、一人でネット検索をしながら害獣の駆除業者を探すことは非常に大変な作業です。
そのようなお声に応えるため、害獣駆除110番では、お客さまのご要望に沿った形で害獣駆除が遂行されるように、24時間365日、当社受付スタッフが応対させていただいております。もし、ご不安な点やご不明な点、少し聞きたいことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼