最新情報・レポート

いつ被害に遭うか分からない

「害獣」と聞くと、アライグマをはじめ、ハクビシン・イタチといった屋根裏に侵入する害獣をイメージする方が多いことでしょう。害獣も生きていく為に行動しているので、仕方がないという見方もできます。でも、近くに害獣が潜んでいると、いつ被害に遭うか分かったものではありません。ですから、もし害獣対策を検討されているなら、今のうちに下記の内容を把握しておいてください。

○直接触らない
害獣を見つけたからといって、近寄って直接触らないよう注意してください。特に小さなお子様やペットちゃんは要注意です。言ってしまえば、害獣は檻に入れられているトラ・ライオンと同様、凶暴になれば咬みついたり、引っ掻いたりするので大変危険です。大きな怪我を負うだけでなく、菌を移されるという二次被害を受ける恐れもあります。

○害獣駆除は業者に依頼
例えばアライグマは「外来生物法」に指定されており、ハクビシンは「鳥獣保護法」に指定されています。つまり、自分で害獣駆除を行う為には、事前に県・市から許可を得なければいけないのです。ただ、現実問題直接自分が許可を貰いにいくのは、なかなか容易ではありません。とはいっても、被害は進行するばかり。そんな時は、害獣駆除に特化した業者に依頼した方が良いでしょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼