害獣に潜むあなたやペットを蝕むキケン

都市部では頻繁に野生動物を見る機会はあまりないでしょうが、住民にはあまり認知されていないだけでしっかりと存在しており、その被害も増えてきています。都市部では飼われていた動物が逃げ出して野生化したものなどが市民の生活圏に順応し、生存しています。都市部以外の山の多い農村ではエサや繁殖場所も豊富で多くの野生動物が生息しています。しかし都市部でも農村部でも、野生動物の脅威は変わりません。一見可愛らしい見た目ですが気性が攻撃的なものもいますし、その爪や牙、毛皮には菌や害虫がついていることがほとんどです。それらが人体やペットに与える健康被害の脅威について解説していこうと思います。

害獣によっておきる健康被害の正体?!

害獣に襲われた

ケガ・病気の感染

害獣の発生

ダニ・ノミの発生

人・ペットに寄生

衛生環境の悪化

恐怖!害獣が引き起こす様々な健康被害

【害獣に襲われる】

野生の生き物には爪や牙がありますが、それらには多くのばい菌やウィルスが存在します。かまれたり引っかかれたりした場合、その傷や爪痕から病原体が侵入し、感染症などの様々な健康被害を引き起こします。また、都市部でもアライグマやイタチ、ハクビシンなどの被害が確認されており特にアライグマ、イタチは気性が荒く、人やペットを威嚇し攻撃することもあるようです。

【害獣の糞尿】

害獣は時に住宅に屋根裏や軒下に営巣し、そこで糞尿汚染を起こします。害獣ほとんどがノミやダニの寄生虫を持っており、営巣場所ではそれらが繁殖し、ハエの幼虫のウジやゴキブリなども発生する、とても不衛生な場所となっていきます。そうした害虫が住民の生活空間へ移動し、人やペットに寄生したり、伝染病の病原菌を媒介するなどの被害を引き起こすのです。

健康被害による影響

原因により引き起こされる被害には以下のものがあります。

【感染症】

昔は狂犬病などが代表的なものでした。発症が確認されたのはかなり昔で、狂犬病予防を行えばほぼ安心です。他にも害獣が媒介する病気は多くあり、感染被害は嘔吐、熱などをはじめ様々な症状を引き起こします。また感染してから人に移る伝染病も中にはありますので、さらなる注意が必要です。

【人畜共通感染症】

人畜共通感染症とは人と家畜、両方に感染してしまう感染症のことを指します。ノミやダニによる寄生や多くの病気あり、幼虫性移行症なども含まれます。感染経路には母子感染や、動物の糞便から回虫の卵が口に入ってしまう、傷口から菌の侵入などで感染する恐れがあります。

ノミダニが原因の症状

ノミダニによるアレルギーや皮膚病には強い苦痛が伴う場合が多く、多くの事例があります。その中でも注意が必要なのがヒセンダニというダニが原因で起こる「疥癬」(かいせん)という感染症です。ヒセンダニとは目に見えないほど小さなダニで皮膚の浅い所に潜り込み、体内に糞や卵、死骸を残し強いかゆみを伴うアレルギーを引き起こします。さらにこの疥癬には「通常疥癬」が悪化すると「角化型疥癬」となり感染の強さも高まるという特徴があり、とても厄介な病気です。

ヒセンダニの感染経路

ヒゼンダニの感染経路は、住環境に侵入した害獣が原因と考えられています。特に様々な場所に出入りする屋根裏害獣はヒセンダニの感染経路となりやすく、対策が必要な場合があります。

害獣の被害は人間だけに留まりません

ペット・住居への被害のイメージ

【ペットへの被害】

ペットが害獣に襲われてしまう被害も見逃せません。屋根裏害獣の中でも特にアライグマやハクビシンは獰猛な性格をしています。鋭い爪や牙で飼っているペットに悪さをするのです。ペットは人間と違い、喋ることが出来ませんので、被害の発覚が遅れる場合もあります。傷口から直接病原菌が入るリスクもありますので、夜間はペットケージに入れるなどの対策を採るようにしましょう。

【住居への被害】

悪臭や異臭などが住居に染みついてしまうこともあります。住居への被害の多くは糞による被害になります。屋根裏の異音の原因を調べてみたら屋根裏一面に糞が…、なんてケースも少なくありません。糞による影響は臭気だけでなく、糞に含まれている病原菌が乾燥してしまうことによる健康被害や、糞を餌にダニなどが繁殖してしまう被害もあります。

害獣に襲われたら行う応急処置方法

害獣に襲われたら行う応急処置方法のイメージ

【野生動物に襲われたら】

傷口の大小に関わらず、野生動物に襲われた場合は病院に行くようにしましょう。小さな傷口であっても、細菌が入り込むには十分です。まずは傷口を綺麗に洗い流し、殺菌消毒を行ってから、速やかにかかりつけの病院に行くようにしましょう。

【ペットが襲われたら】

ペットも同様になるべく早めに動物病院などで診察を受けることが重要です。消毒する際は刺激の少ない方法を採るようにしましょう。ペットが気が立っている場合は洗濯ネットなどを利用して、傷口が悪化しないように心がけましょう。

【住居の臭処理】

住居の不安解消のためには糞尿の処理が必要になります。人間にとっては臭いニオイも、害獣にとっては安全を示す良い匂いとなるからです。汚染箇所にベタイン化合物などを散布して臭い消しをしましょう。

害獣被害を防ぐために

害獣被害を防ぐためにのイメージ

【自分でもできる対策方法】

野生動物の病気によるリスクを避けるための対策も数多くあります。忌避剤や薬剤をつかって近寄らせないようするものです。野生動物を防除するものですので、ペットやお子さんのいるお宅では安全性の高いものを使用するか、薬剤以外の対策を行うことをお勧めいたします。

【駆除業者の安全性】

害獣による直接的な被害を防ぐ手段を害獣駆除業者は豊富に持っています。防護服などの装備を取り揃えていますし、少ない毒性で有効に効果を発揮できるような対策方法への知識もあります。また、忌避効果だけでなく直接的な防除手段を採ることもできます。原因となる害獣を捕獲することで、その個体からの被害を防ぐこともできるのです。


害獣は恐ろしい感染症や病気を持っており、毎年事件や事故などを引き起こしています。野生動物を見た時は、人を襲うことも考えられますので、不用意に近づかずかないようにしましょう。止む追えず近づいてしまった場合や、痕跡に触れてしまった場合には手洗いやうがいなどを行うことも重要です。もちろん適切な対処法を知っている、保健所や駆除業者などに相談するのも一つの手になるでしょう。

  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼