福島県対応の弊社加盟店のご紹介

ライフサポートTAKADA
福島県で害獣にお困りである場合はライフサポートTAKADAが適任であると言えるでしょう。福島県全域の対応を行っている業者であるため、長年の実績からその技術力は磨かれ安心した作業を約束していただけます。害獣の中でも被害が直接的なものの代表として、ネズミが挙げられます。ネズミは家屋に侵入した際、様々なケーブル、食品を囓ってしまうことで電化製品の天敵です。また、ネズミは多くの病原菌を持っているため囓ったものを手で触ってしまうと移される危険性があるため、住宅にお子様がいらっしゃる場合は大変危険な生物となるでしょう。そうしたネズミの駆除にも実績あるライフサポートTAKADAは、住まいの環境を良くするために力強い対応を行っていただけます。害獣が発生した場合に、きっと頼りになる存在として駆けつけてくれることでしょう。
福島県の害獣駆除サービス

注意!福島県の潜む害獣の数。その対策とは?

福島県は全国の都道府県でも3番目に面積の広い県です。県内には豊かな自然環境が残されており、さまざまな野生動物も生息しています。そうした動物が山や野の範囲にとどまって、人間の生活に影響を及ぼさなければ共存も可能です。野生動物にも生きる権利があるのですから、本来は共存共生が理想の姿なのです。しかしながら現実は、野生動物が人間の生活圏にもしばしば侵入してさまざまな問題を引き起こしています。福島県も例外ではありません。最も深刻な影響を与えるのは、ツキノワグマやイノシシなどの大型動物です。クマやイノシシは農産物を食い荒らしたりするばかりでなく、人間と遭遇した場合は攻撃される恐れもあります。県内でもクマに襲われる被害が毎年発生しており、イノシシによる農業被害も報告されています。福島県で1年間に捕獲される有害鳥獣数は8201件にも及ぶのです。一般の住宅に侵入して被害を及ぼす動物としては、イタチやハクビシンなど小型動物の問題が深刻です。狭い隙間からでも容易に侵入するため、天井裏などに入り込んで騒音や悪臭などを発生させます。イタチは日本のほぼ全域に生息しており、古くから妖怪の1つにも数えられるほど日本文化に溶け込んできました。ハクビシンは明治以前の文献で確実な記録がないため外来種の疑いも濃厚ですが、特定外来動物には指定されていないため駆除の対象にはなっていません。イタチやハクビシンは鳥獣保護法の対象動物ですから、一般の人が勝手に捕獲したり駆除したりすることは禁じられています。退治しようとして法律に違反すれば、罰せられる恐れもあるので注意が必要です。防除の際は専門の業者を頼らなければなりません。許可を得た業者なら、捕獲器を使ってイタチやハクビシンを生け捕りにできます。忌避剤を使って侵入防止の対策も講じてくれますから、まずは被害状況を調査してもらうことが重要です。「害獣駆除110番」加盟店では、汚染された個所の清掃や天井板の張替えといったサービスも実施しています。

害獣駆除110番の福島県地域における対応エリアについて

  • 福島市
  • 会津若松市
  • 郡山市
  • いわき市
  • 白河市
  • 須賀川市
  • 喜多方市
  • 相馬市
  • 二本松市
  • 田村市
  • 南相馬市
  • 本宮市

福島県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年12月17日
    エリア
    福島県石川郡浅川町
    参考金額
    27,777円

    種類はよくわからないけれども、害獣駆除をしてほしいというご相談がありました。お客様によると、お住まいの2階建ての戸建住宅の1階屋根裏から、何かは判別つかないもののねずみよりは大きな足音が聞こえてくるということでした。お見積りの日時はお客様が事前に決められていて、電話口にてお見積りをご希望でした。

  • 受付日
    2015年03月19日
    エリア
    福島県相馬郡新地町
    参考金額
    35,000円

    害獣による悪臭でお困りのお客様から、ご相談をいただきました。家の中に嫌な臭いが充満しており、発生源は屋根裏だと思われるが、害獣が住み着いている感じはしないとのことでした。戸建住宅にお住まいのお客様で、害獣調査を希望され、日程に関しましては相談してから決めたいとのことでした。

害獣駆除実績 5,000件以上
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼