福井県対応の弊社加盟店のご紹介

株式会社オオツジ
ドブネズミは湿った低い場所を好み、クマネズミは乾燥した高い場所で活動するなど、世の中には性質の違ったネズミがいくつも存在します。ですから、人が生活する場所でもどんな場所からどんなネズミが入り込むかは分からないもので、それに対処するには様々なネズミの習性に通じた確かな知識が必要になります。こちらのオオツジではこれまで多くのネズミ駆除で培った実績と知識でそんなネズミの関する依頼に応えてくれます。巣の場所やネズミの種類が分からない駆除の相談であっても、熟練のスタッフが僅かな手がかりからでも発生したネズミの全貌を突き止め、徹底的な駆除を行います。駆除技術もトラップや毒餌などの薬剤まで幅広く、ネズミの活動範囲に適切な施工をすることで再発生の原因となる生き残りを許しません。発生が確認できていない場合の点検や侵入対策も相談できるので、生活からネズミの不安を取り除く強い味方になってくれる福井県の業者です。
福井県の害獣駆除サービス

注意!福井県の潜む害獣の数。その対策とは?

福井県は緑豊かな山々やリアス式海岸に代表される海の景観に恵まれており、美しい自然が県内各地に残されています。そのため県内にはさまざまな野生動物が生息していますが、一方ではそれらの動物が県民の生活に害を及ぼす例も少なくありません。特に住宅への侵入が問題となっている動物としては、アライグマ、イタチ、ハクビシンの3つが代表格です。福井県にはこの3つの動物がいずれも数多く生息しており、駆除の依頼も絶えません。県全体で1年間の有害害獣捕獲数が15945件に達しているのも、これらの動物の占める割合が高いためと見られます。アライグマは北中米が原産地で、日本ではペットとして輸入され飼育されていました。逃げ出したアライグマが野生化し、生息域を拡大しているのです。繁殖力も強いため生態系への影響が懸念されています。特定外来動物にも指定されて駆除の対象となっていますが、動物愛護団体からの抗議も少なくありません。アライグマの捕獲数は、北陸地方でも福井県が突出して多くなっています。見た目の愛らしさとは裏腹に凶暴な性質をしており、駆除対象だからと言って素人が捕獲しようとするのは危険です。万が一噛まれたりした場合は、狂犬病や寄生虫に感染する恐れもあります。イタチとハクビシンも福井県では珍しい動物ではありません。イタチは全国各地に分布しており、古くから親しまれてきた野生動物ですが、住宅に侵入して巣を作ったりするので厄介な存在です。ハクビシンは近年急速に生息区域を拡大している動物で、外来種ではないかと疑われています。現在のところはイタチとともに鳥獣保護法の対象動物のため、一般の人が捕獲することは禁じられています。アライグマやイタチ、ハクビシンといった動物が天井裏などに住み着くと、糞尿による汚染やダニ・ノミの発生で衛生環境が悪化します。防除には許可を得た専門の業者の手が必要です。捕獲器や忌避剤を使い、退治すると言うよりは住宅に寄り付かなくするような対策が望ましいと言えます。清掃などさまざまなサービスも実施している「害獣駆除110番」加盟店なら、安心して調査を任せられます。

害獣駆除110番の福井県地域における対応エリアについて

  • 福井市
  • 敦賀市
  • 小浜市
  • 大野市
  • 勝山市
  • 鯖江市
  • あわら市
  • 越前市
  • 坂井市

福井県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年03月07日
    エリア
    福井県丹生郡越前町
    参考金額
    16,000円

    害獣被害にお悩みの方からお問い合わせをいただきました。害獣が現れたのは2階建て、戸建住宅であるご自宅の1階と2階の間だとおっしゃいました。この部分から動物と思われる物音が発生していたため、不安に思ってお電話したとのことでした。害獣の種類もまだ不明のため、まずは現場の調査見積りを希望されておりました。

  • 受付日
    2015年02月19日
    エリア
    福井県あわら市
    参考金額
    30,000円

    イタチの調査、駆除を希望されているお客様からご相談をいただきました。このお客様によると、自宅の屋根裏にイタチが侵入してしまっているということで、また、どこから侵入したのか侵入経路も調査してほしいとのことでした。相見積りはされておらず、見積りの日時に関しても特に希望はされていませんでした。

害獣駆除実績 5,000件以上
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼