青森市対応の弊社加盟店のご紹介

便利屋富士
便利屋富士は青森で害獣の駆除を行なっている会社です。近年、ハクビシンという害獣の被害が住宅街で増えています。ハクビシンはジャコウネコの仲間なので、一見するとネコのようにも見えます。ハクビシンは野菜や果物を好んで食べるので、畑などに侵入されてしまうと、大切な農作物を食べられてしまいます。また、夜行性なのでお家の屋根裏などに侵入されると、足音や鳴き声など、夜中の騒音が気になります。また、ハクビシンの糞や尿も気になる害だといえます。このようなハクビシンが現れたときは、早めに、害獣駆除を行う業者に駆除を依頼するようにしましょう。ハクビシンは一年中子供を産むことができるので、放っておくとその数を増やしてしまいます。ハクビシンを見つけても、エサを与えないようにしましょう。便利屋富士はハクビシンを迅速に駆除できるように日々精進しています。
有限会社東北ハウス消毒
有限会社東北ハウス消毒は青森で害獣駆除に取り組んでいる会社です。日本にはニホンイタチという在来種のイタチの他に、チョウセンイタチという外来種のイタチも生息しています。イタチは基本的に森林の中に住んでいて、昆虫やネズミなどを捕まえたり、木の実などの植物を食べています。そんなイタチですが、住宅街に現れて、お家の床下や屋根裏などに棲みついてしまうことがあります。イタチに侵入されると、走り回って騒音が気になりますし、エサを求めてお部屋の中に現れることもあります。イタチはフェレットに似て可愛らしい姿をしていますが、とても凶暴な害獣なのでうかつに近寄るのは危険です。イタチがいることを確認したら、早急に駆除を行うようにしましょう。有限会社東北ハウス消毒では、厄介なイタチを駆除するために日々頑張っています。
青森市の害獣駆除サービス

注意!青森市の潜む害獣の数。その対策とは?

本州最北端に位置する青森県の県庁所在地・青森市は、周囲を山に囲まれているため緑の多い街です。豊かな自然環境は市民に親しまれていますが、一方ではさまざまな野生動物も市民のすぐ身近に住んでいます。これが時として市民生活に影響を及ぼすこともあるのです。青森市で見かける野生動物の中でも、最も危険な存在と言えばツキノワグマをおいて他にはいません。本州最大の陸上動物でもあるツキノワグマは、普段は深山で暮らしているはずの動物です。主食となるブナの実が不作または凶作の年は、人里まで下りてくることも多くなります。青森市内での目撃数は毎年5月から8月までの夏場に集中していますが、秋に出没することもあります。県内でも下北半島はニホンザル生息地の最北端として知られていますが、サルは青森市でもしばしば目撃されています。積雪の多い真冬の市内で発見された例もあり、凶暴な個体も少なくないので注意が必要です。比較的小型の動物としては、イタチやアナグマも市内に生息しています。特にイタチは住宅の天井裏などに侵入して被害を及ぼす厄介な動物です。イタチと同じく住宅に侵入して巣を作る小型動物としては、近年東北地方にも生息域を拡大しているハクビシンも挙げないわけにはいきません。イタチやハクビシンが屋根裏などに住み着くと、糞尿が天井板に溜まって住宅の衛生環境が悪化します。悪臭に加えてダニやノミなどの発生源にもなり、住人の健康被害にも発展しかねません。県内での害鳥の年間捕獲数7510件に対して、獣類の捕獲数は772件にとどまっています。この数字を見る限り、青森県は他の都道府県と比べて全体に害獣数が少ないとも考えられます。しかしながら他県で大きな問題となっているハクビシンが、今後青森県内にも生息域を拡大すればこの数字も増加することが予想されます。イタチやハクビシンはそれだけ厄介な存在なのです。いずれも鳥獣保護法の対象動物なので、許可を得ていない人が勝手に駆除することはできません。退治をすると言うよりも、専門の業者による捕獲器や忌避剤を使った合法的な防除に頼らざるを得ません。被害が疑われたら、当サイト「害獣駆除110番」にご連絡ください。

害獣駆除実績 5,000件以上
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼